最初に薄毛治療

頭皮マッサージも効果的かもしれませんが・・・

2020年7月 9日(木曜日) テーマ:脱毛
薄毛になったり、多量の抜け毛が発生したりする原因の一つに、頭皮の血行が悪いことが挙げられます。

頭皮の血行が悪いと、毛根の奥にあり、髪の生産工場といわれている毛乳頭や毛母細胞まで、髪を生産するために必要な栄養素や酸素が行き渡らなくなり、その結果、毛乳頭と毛母細胞の働きが低下し、休止期に入ってしまう髪が増えることで多量の抜け毛が発生し、薄毛になってしまいます。

その対策として、シャンプーする前後などに血行を良くする頭皮マッサージが育毛の手法として、よく勧められ、ヘアケアの定番とされています。

確かに、正しい頭皮マッサージを施せば頭皮の血行が良くなり、育毛の手助けになると思います。

しかし、いくら効果的な頭皮マッサージを根気良く行っても、その効果は、あくまでも一時的なもので、マッサージ後の僅かな時間でしかありません。

マッサージ終了後は、そんなに時間が経たないうちに、前の血行状態に戻ってしまうというわけで、育毛効果があらわれるまでは期待できません。

それよりも、効果的な育毛剤を探し、頭皮に負担のないシャンプー剤を使い、正しい洗髪を行うなどして、頭皮環境を整えることを目指したほうが有効なのかもしれません。

例えば、洗髪に使うシャンプー剤やコンディショナーですが、どうしてもネームバリュー、香り、泡立ち、洗い上りなどを基準にして選びがちになります。

しかし、頭皮に負担をかけてダメージを与えてしまう成分が含まれていないかをしっかり確認することが大切です。

頭皮にダメージを与え続けていると、頭皮環境が悪化して、抜け毛や薄毛の原因をつくることになります。

薬局やドラッグストアーなどでは、数多くのシャンプー剤やコンディショナーが棚に並べて販売されていますが、その中で、安価にするために大量生産されている石油系シャンプーには、泡立ちをよくする石油系合成界面活性剤が含まれています。

実は、この石油系界面活性剤は、頭皮に負担をかけてトラブルを引き起こす恐れがあるので、できるだけ避けてもらいたい成分です。

また、髪の手触りをよくするために含まれているシリコンという成分は、頭皮に膜を貼り、毛穴を詰まらせて抜け毛の原因をつくる恐れがあるというデメリットがあります。

こうした成分をしっかりチェックし、自分の肌にあったシャンプー剤を見つけて、正しい洗髪を続けることが、育毛しやすい頭皮環境を整える第一歩になります。


育毛剤もシャンプー剤と同じように、頭皮に負担のかからないものを選びましょう。